バイナリーオプション

今、バイナリーオプションが注目を集めています。


バイナリーオプションとは通常の株取引やFXのように、株を売買したり、通貨を売買するのではなく、チャートが一定時間後にチャートがどう動くかを予想してそれに対して投資する新しい形の取引方法です。

簡単に一例を紹介すると、たとえばドル円の為替チャートを対象としたバイナリーオプションがあるとします。業者は5分後のチャートに対してハイアンドローの予想を募集しているとします。

するとユーザーは5分後のチャートが現在の値より上昇するか、下降するか予想し投資します。もし予想が当たっていれば投資金額に対して一定の倍率をかけた金額が配当されます。外れると返ってきません。

非常にシンプルだと思いませんか。

こんな↓複数のPCもMetaTrader必要ありません。




このシンプルさこそバイナリーオプションの魅力です。

通常、なんらかのトレーディングをはじめようとすると、チャートの読み方や予測の方法、リスクマネジメントなど様々なことを勉強しなければ始めることができません。

文責: KaigaiBestFX.com

しかし、バイナリーオプションはルールが非常にシンプルなので、はじめながら勉強していくということも可能です。しかも、2択を選択するだけなのでよっぽどのアンラッキーがない限りは勉強不足だからといって負け続けるということもありません。

さて、バイナリーオプション 攻略はシンプルであると書きましたが、2択の種類にはいくつか存在します。いくつかのパターンがあるとは言ってもそれも2択なのでさほど難しいことはありません。

いくつかパターンが存在するのは配当の倍率に変化をつけることが出来るからです。

ハイアンドローは既に説明したように、チャートが現在の値から上下どちらにいどうするか予想するものです。

タッチ、またはワンタッチと呼ばれるものは一定の時間の間で、設定された値にチャートがタッチ、到達するかしないかを予想するものです。ドル円で例えると、現在の値が1ドル80円としたときに基準が81円のとき、時間内に一度でも81円よりも円安となればタッチ、81円よりも円高の状態が続いていればノータッチとなります。

さらにもう1つ、レンジというものもあります。レンジとはタッチのように1つの基準値があるのではなくて、基準値の範囲が設定されています。

一定時間後の値がその範囲に収まっているのか、いないのかを予想します。タッチとは違い途中の経過は関係ありません。

タッチやレンジはハイアンドローに比べて予想が難しいので設定値にもよりますが、倍率が高くなる傾向にあります。

初心者の方はまずは、オーストラリアハイローでもっともポピュラーなハイアンドローからはじめてみるのがよいでしょう。