バイナリーオプション

FXに興味がある人が知っておくべき、たった二つの基本


FXに興味がある人でも、なかなか難しそうで手が出せないという人も多いのではないでしょうか。
そもそもFXを利用するために必要なことや、なぜFXがこれほど人気があるのかもよくわからないという人もいると思います。
FXを利用するためには、FX会社に資金を預ける必要があります。これを「証拠金」といい、これを使って通貨の取引をすることができます。
なぜFXがこれほど人気があるのかというと、「レバレッジ」という方法を使い、証拠金の数倍から数十倍、あるいはそれ以上の金額の取引ができてしまうからです。
日本はかなり規制が厳しい方ですので、レバレッジは25倍までと制限されていますが、海外では数百倍のレバレッジが利用できることも多く、手持ちの金額の数百倍もの取引ができるということです。

25倍でも大きな取引ができることに変わりはなく、10万円を預けておけば250万円もの取引ができるわけですから、もし勝つことができればそれだけ利益も莫大になります。
1ドルを120円で1万通貨の取引を行ったと仮定した場合にどれぐらいの利益が出るのかを少し考えてみたいと思います。1万通というのは1ドルの1万倍のことです。
1万ドル買うためには日本円で100万円が必要になりますが、25倍のレバレッジがあるということは、実質4万円の証拠金があればいいわけです。
さてこの1ドル120円が123円になったときにドルを売った場合、3万円の利益が発生します。100万円で3万円の利益ではなく、4万円で3万円と考えるとものすごい利益ですよね。
もちろん、実際に預けているお金よりも大きな取引ができるということは、逆に損失も莫大になってしまうと心配に思うかもしれません。
確かに120円が117円になってしまえば、逆に3万円の損失が発生してしまいます。ただしFXにはロスカットという仕組みもあり、1万円以上の損失がでたら決済してしまうという可能です。


証拠金とレバレッジ以外にもうひとつだけ理解しておいた方がいいFX用語として「スワップポイント」があります。
簡単に説明しますと通過後との金利差のことで、FXではこれを利用して利益を上げることができます。
金利というのは国ごとに違っていて、高い国もあれば金利が低い国もあります。経済成長率やインフレ率、金融政策などによって金利も国ごとに様々なのです。
金利が低い国としてはなんと言っても我らが日本国です。これは日本に住んでいる人ならすぐに実感できると思いますが、本当に超低金利ですよね。
逆に金利が高い国としては南アフリカ共和国などがあげられます。金利が高いということは、それだけリスクに大きい通貨だということですが、なんと南アフリカ共和国の金利は現在6.25%です。
単純計算で100万円を南アフリカに預けておけば1年後に106万5千円になるということです。日本で100万円を預けていてもそんなに増えることはありませんよね。
つまり、この金利差を利用してうまく儲けようということです。もし金利差が6.15%あると仮定して考えてみましょう。
100万円なら年間で61,500円も増えるわけです。FXでは日割りで受け取ることができますので、毎日168円ほどの金額です。

もちろんスワップだけに目を奪われてしまい、為替差益で損をしてしまっては意味がありません。円高に向かっているときには気をつけた方がいいです。